生命に関わる病を引き起こす高脂血症の症状とその改善法とは?

HOME » 原因別・高脂血症が悪化した場合に出る症状 » トリグリセリド値が高い(中性脂肪が多い)

トリグリセリド値が高い(中性脂肪が多い)

このページでは、高脂血症が原因の高トリグリセリド血症について、特徴や症状を調べています。

高脂血症が原因!高トリグリセリド血症の症状とは

高脂血症は、血中の善玉/悪玉コレステロール値によって確認されますが、他にも基準があります。それは中性脂肪(トリグリセリド)の値

考える女イラスト中性脂肪は糖質や炭水化物、動物性脂肪などが原料となり、肝臓で作られ、皮下脂肪の主成分として蓄積されます。

身体のエネルギー源であるブドウ糖の不足を補う、体温を一定に保つなどの優れた役割があり、欠乏すると栄養失調を招くこともあります。

しかしコレステロールと同じく、血中で増えると動脈硬化の原因になります。

特に日本人の場合、心筋梗塞を発症した患者の血液は、中性脂肪値が高いという研究もあるようです。また極端な高トリグリセリド血症は、急性膵炎を引き起こす危険性があるので、要注意。

健康な人のトリグリセリド(中性脂肪)値は、50~149mg/dL。これ以上の数値になると、高トリグリセリド血症(高脂血症)と診断されることになります。

その原因

血中のトリグリセリド値上昇には、一般的に以下の原因が考えられます。

  • 食生活…肉中心で野菜や魚を食べない食生活は、中性脂肪過多の直接的な原因です。
  • 運動不足…中性脂肪の溜め込みを招きます。
  • 過度の飲酒…肝機能の低下を招き、中性脂肪消費の邪魔をします。
  • ストレス…ストレスによる自律神経やホルモンバランスの乱れが、中性脂肪値を上昇させます。

高トリグリセリド血症と診断された場合は、医師から食事/運動療法の指導を受け、地道に改善へ努めることになります。

半年程度経過しても数値に改善が見られない場合、薬物療法との併用が行われます。

 
高脂血症の症状・対策法を総チェックするサイト