生命に関わる病を引き起こす高脂血症の症状とその改善法とは?

HOME » 原因別・高脂血症が悪化した場合に出る症状 » HDL値が低い(善玉コレステロールが少ない)

HDL値が低い(善玉コレステロールが少ない)

高脂血症が原因の低HDLコレステロール血症について、特徴や症状を調べているページです。

高脂血症が原因の低HDLコレステロール血症の症状とは

嫌悪する女イラスト脳梗塞など、生命に関わる病気を引き起こす動脈硬化は、高脂血症というかたちで静かに進行していきます。健康診断などで発覚することが多く、自覚症状はありません。

血液検査の結果、高脂血症と診断される判断基準のひとつに、HDLコレステロール値があります。

血液中のコレストロールがたんぱく質と結びついたものはリポたんぱくと呼ばれますが、その中でも増量すると血管癖にへばりつき、動脈硬化の原因となるのがLDL(悪玉)コレステロールです。

HDLコレステロールは、その悪玉コレステロールを回収し、肝臓まで運ぶ働きをしてくれるので、善玉コレステロールと呼ばれます。こちらの血中濃度が低くなると、悪玉が血管内に溜まり、高脂血症が進行することになります。

健康な人のLDLコレステロール値は、40mg/dL以上。これ以下の数値になると、低HDLコレステロール血症(高脂血症)と診断されることになります。

その原因

低HDLコレステロール血症の一般的な原因は、高LDLコレステロール血症と変わりません。

  • 食べすぎ
  • 肥満
  • 過度の飲酒や喫煙 など

低HDLコレステロール血症と診断された場合は、医師から食事/運動療法の指導を受け、地道に改善へ努めます。

半年ほど経過しても数値が改善されない場合は、薬物療法との併用が行われることになります。

 
高脂血症の症状・対策法を総チェックするサイト