生命に関わる病を引き起こす高脂血症の症状とその改善法とは?

HOME » 【特集】高脂血症対策におすすめのサプリ成分 » DHA・EPA

DHA・EPA

このページでは、高脂血症の改善に役立てたい成分DHA・EPAの特徴を紹介します。

高脂血症改善に役立つDHA・EPAとそのサプリメント

DHA・EPAは、高脂血症改善のため積極的に摂取したい成分です。

魚イラストDHAには血中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあり、EPAには血中の中性脂肪を減少させる働きがあるからです。

現代日本人の食生活は肉食に大きく傾いており、これが高脂血症を引き起こす大きな要因となっています。DHA・EPAは魚油に多く含まれる成分。魚を敬遠することは、貴重な栄養成分摂取の機会を手放すことにもつながっていきます。

またDHAは、血液脳関門という脳の入口を通過できる数少ない成分で、脳の働きを活発化させます。記憶力向上やアルツハイマー予防のためにも、積極的に役立てたいもの。「魚を食べると、頭が良くなる」といわれる由縁は、DHAにあるのです。

摂取のポイント

DHA・EPAは良く似た栄養素ですが、同時に摂取するのは特に有効で、相互的な働きが期待できます。弱点は「酸化しやすい」こと。時間経過によって効力が落ちてしまう場合があります。

食生活の中で魚を摂ることはもちろん、有効成分をギュッと閉じ込めたサプリメントを、栄養補助に役立てていくとよいでしょう。

おすすめサプリ●きなり

きなり商品画像オキアミから抽出され、DHA・EPAを体内に効率よく吸収させるクリルオイルを配合。4粒(1日の摂取目安量)で500mgのDHA・EPAを摂取できる。また高脂血症改善に役立つナットウキナーゼも同時に配合した、おトクなサプリ。

  • 商品名:きなり
  • 内容量/価格:120粒/5,980円(初回限定3,980円)
  • 原材料:DHA・EPA、ナットウキナーゼなど
 
高脂血症の症状・対策法を総チェックするサイト