生命に関わる病を引き起こす高脂血症の症状とその改善法とは?

HOME » 高脂血症を検査・予防するには » 血中脂肪の検査方法

血中脂肪の検査方法

このページでは、健康診断などの検査で、高脂血症の症状と診断される基準値を調べています。

健康診断などの検査で高脂血症の症状と診断される基準値

高脂血症は血液の脂質濃度が高くなった状態を指します。2007年から「脂質異常症」という病名に変更されましたが、症状の内容は同じです。

女医イメージ健康食品などの広告で「血液サラサラ」という表現をよく見かけますが、高脂血症と診断された人の血は、その正反対の状態にあります。「ドロドロ」と呼んでも差し支えないでしょう。

動脈の内壁にコレステロールが沈着すると、プラークという脂質の塊が生じ、血流を阻害し始めます。またプラークが血流に乗り、細い血管を詰まらす血栓になることもあります。

こうしてドロドロになった血液はやがて動脈硬化を招き、脳梗塞や心筋梗塞など、生命に関わる突然の大病を招くのです。その進行は非常に静かであり、自覚症状もほとんどないことから「サイレントキラー」の異名をとるほどです。

では高脂血症は、どのように阻止するべきなのでしょうか。解決法はシンプルで、定期検診を怠らないことにあります。会社などが行う年に一度の健康診断で充分ですので、血液検査を受診し、以下の数値に注目するようにしましょう。

HDLコレステロール値
(HDL-C)
(男性)40~80 mg/dL
(女性)40~90 mg/dL
LDLコレステロール値
(LDL-C)
70~139 mg/dL
中性脂肪値
(TG・トリグリセライド)
50~149 mg/dL

検査の結果、表内の数値をオーバーすると、高脂血症と診断されます。その際は必ず「治療の必要がある」と注意喚起されるはずなので、見落とさないようにしてください。

「今のところ特に問題はないから、大丈夫」などと甘く見ることは禁物。医師に相談し、食事や運動療法を開始して、動脈硬化を回避していくことになります。治療中は血液の再検査が実施され、上記の数値を見ながら症状が改善されているかを、確認していきます。

 
高脂血症の症状・対策法を総チェックするサイト